開発実績 議事録サービスの開発

議事録サービスの開発
プロジェクト名称 議事録サービスの開発
プロジェクト概要 議事録サービスを1からフルスクラッチで開発、運用。サービスインから2年間機能追加を繰り返しています。
開発規模 18人月
開発言語・環境 Ruby / AWS / Linux など
対象ユーザ 全企業向け
Rubyでの開発効果はありましたか? Rubyの生産性の高さにより、ファーストリリースまでの期間を短縮できました。

一般社団法人
Rubyビジネス推進協議会


共同受注制度申込フォーム
SenStick4+mruby/cですぐに始める初めてのIoT体験
CEATEC2020
計測展2020 OSAKA
RubyWorld Conference 2020
Rubyビジネス創出展2019